セフレができる人とできない人の違いとは?

セフレを作る方法・作り方、本当に会える出会い系サイトの紹介、出会った女の子とのエッチな体験談を書いていきます。せふれ募集をしてHなセフレを探してみよう!電子コミック『セフレの品格』が教科書です!

セフレができる人とできない人の違いとは?

公開日:2016/01/28

セフレができる人とできない人

上の段落でセフレができない人の考え方を説明しましたが、ここからは、セフレができる人とできない人の違いを見ていきたいと思います。

いったいどんな人にセフレが出来て、どんな人にできないのでしょうか?

セフレがすぐにできる人というのはあるポイントを抑えているため、すぐにセフレを作ることができるのです。

一般的な固定観念で縛られてしまってはなかなかセフレという特殊な関係は作れません。

しかし、だからと言ってセフレを作ること自体はそれほど難しいことではありません。

今回はそんなセフレができる人とできない人の違いについて紹介していきましょう。

セフレができる人は縛られない

自由

まずセフレという特殊な関係を自分自身でどのような関係かということを理解していることが大切です。

一般的な付き合っているパートナー以外とはそのような関係になるなんてありえない!と思っている人にはセフレができることはまずありません。

セフレを作れる人というのは、一般的な考えに縛られず、人生たった一度きりということを重視していて、人生をより楽しもうという発想の人が多いです。

そのような発想を持っている人はセフレが出来やすい傾向にあり、そうでない人はなかなかセフレが出来ないという現状があるようです。

自分に自信がある人はセフレが出来やすい?

異性との関係を上手に築ける人というのは女性との駆け引きが上手ということや、ルックスがいいということではありません。

もちろんそのような部分でセフレを作れている人もいますが、多くの人は自分に自信を持っている人が多いのです。

なぜなら、自信を持っていない男性は女性を口説くということや、セックスをするなんてことをする度胸がないからです。

大切なのはルックスではなく、自分の気持ち次第ということなのです。

逆に自分に自信を持ってない人がセフレを作ろうとした場合には、セフレが欲しいという下心が見えてしまい、かえって引かれてしまう可能性があります。

なので時には思い切って攻めることが重要です。自分の気持ち一つでチャンスが広がるので、結構簡単なことですよ。

下心を見せない

下心

これは凄く大事なポイントです。誰でも下心が見え見えな相手についていきたいとは思いませんよね?

男性の多くが失敗するのは、下心が出てしまい、せっかくのチャンスがあっても、女性側が引いてしまい最終的にセフレにならないというパターンが多いのです。

もちろん男性のセフレにしたいという気持ちはわかりますが、大切なのは余裕を見せることです。

がっつくことは悪いことではありませんが、そのがっつきを見せることで下心が見えてしまっては女性も非常に残念な気持ちになってしまいます。

もし、女性があなたとセフレになってもいいかも。。

と思う瞬間があっても、あなたがスマートに誘うことができず、鼻息を荒くして強引になってしまってはせっかくのチャンスも台無しです。

余裕を持って女性と接することでセフレにできる確率は上がるので、是非あなたも余裕を持てセフレ作りをしていきましょう。

以上がセフレができる人とできない人の違いでした。

あなたがもしセフレが出来ない人の特徴に近いのであれば、是非セフレの出来やすい人の特徴を理解し、あなたもセフレが作りやすい人になってくださいね。

紹介した項目を見て気づいた人も多いと思いますが、大切なのはあなたのルックスではなく、考え方や対応だけなのです。

今まで自分にセフレが出来なかった理由をルックスだと思ってた人は一度自分の考え方を見直してみてみるのもいいのではないでしょうか。

セフレになるかどうかは相手の心次第なので、あなたが相手の立場になって考えてみれば、自分が嫌なことは相手も嫌なはずなので自然にわかるのではないでしょうか。

チャンスは誰にでもあるので、あなたもこれらのことを気をつけてせふれ 作りに励んでください。

 - セフレ 考え方