セフレとの正しい別れ方

セフレを作る方法・作り方、本当に会える出会い系サイトの紹介、出会った女の子とのエッチな体験談を書いていきます。せふれ募集をしてHなセフレを探してみよう!電子コミック『セフレの品格』が教科書です!

セフレとの正しい別れ方

公開日:2016/01/28

別れ

浅く割り切った関係とはいえ、セフレとの関係解消は、いざ直面してみると意外と難しく感じるものです。

身体の相性が良かったり、情が湧いてしまったりすると、今の関係を手放すのがもったいないとも感じるでしょう。

ですが、本命の恋人ができた、結婚することになった、夫や恋人にばれそう、といったやむをえない事情で関係解消せざるを得ない場合もあります。

そんなときにどうやって心残りなく円満に別れられるのか、その方法を探ってみました。

セフレときっぱり関係を断つ別れ方とは?

セフレ関係で、もしもどちらかに心残りがあっても、気持ちの面でのつながりはさほど強くはありません。連絡を一切立てばそのまま自然消滅するケースがほとんどです。

自分の住所や職場まで知られているときには、相手から一方的に連絡がかかってきて、関係を断つのが大変かもしれません。

対策としては、身近な相手をセフレに選ばないのが一番ですね。

教える連絡先も、いつ捨ててもいいようにセフレ専用の番号やアドレスを作っておくのがおすすめです。

自然消滅させるのが一番安全

自然消滅

自分にもしも本命の恋人がいた場合、セフレにいきなり別れを切り出すのはリスクが大きいです。

なんとなく関係を続けてはいても、いきなり別れを持ち出されると急に手放すのが惜しくなってくる心理が働くのです。

一時的に感情が高ぶると、相手がどのような手段をとって引き留めようとするか分かりません。

セフレの行動次第でオオゴトになってくると、恋人にばれるリスクは一気に高まってしまうでしょう。

恋人にばれるリスクを最小限に抑えるのなら、相手の気持ちが徐々に冷めていくのを待つのが一番安全です。

連絡の頻度を少なくしていったり、誘われても毎回は応じないなど、時間はかかりますが少しずつ距離をとっていきましょう。

相手の情熱がよほど強くない限りは、セフレ関係の場合はほとんどそうだと思われますが、会う頻度が減少するのに比例して気持ちも離れていくはずです。

まとめ

ただのセフレだから、と言って軽く考えていると、軽率な行動によって思わぬ泥沼にはまってしまうのもありえないことではありません。

単純に自分本位で別れを告げるのは、いくら軽いセフレ関係でも、後味の悪いものを残してしまうでしょう。

最後まで相手の気持ちを気遣い、フォローすることを忘れずに、できるだけショックを与えないように別れるのは自然消滅が一番おすすめです。

時間をかければ、セフレの感情に波を絶たせずに落ち着いて距離をとれるでしょう。

adjst

 - セフレ 恋愛