セフレ探しではメールを工夫しよう

セフレを作る方法・作り方、本当に会える出会い系サイトの紹介、出会った女の子とのエッチな体験談を書いていきます。せふれ募集をしてHなセフレを探してみよう!電子コミック『セフレの品格』が教科書です!

セフレ探しではメールを工夫しよう

公開日:2016/01/28

メールする女性

セフレを探そうと出会い系サイトを利用する男性は大勢います。しかし、実際に出会えているのかと聞かれると、出会えていないと答える男性の方が多いかもしれません。

せっかく出会い系サイトを利用しているにもかかわらず、セフレを作れないというのはとても残念です。

そうならないようにするには、まずはメールを工夫するという小さなことから頑張るしかありません。

まずはメールを工夫ししてみよう

メール 工夫

メールを工夫するにはいろいろなテクニックがあります。まずはダメだと思っても、そのテクニックをやってみたほうが良いでしょう。

というのも、ただメールも送っていては女性に自分を印象づけることはできないからです。

可愛い女性や美人の女性だと人気も高く、毎日たくさんのメールが男性から寄せられます。

また、日記やブログ、SNS等をしていればそれに対するコメントもどっさり来るはずです。

それが当たり前になった女性に普通のメールをしても印象づけることはできません。

ですので、まずはメールを積極的にたくさん送ることです。たくさん送ったり、連続して送るとそれだけでも印象が悪いとか言われたりもしますが、それでもまずは、男性のことをアピールすることになります。

次はメールのタイトルです。メールのタイトルもこんにちは、初めてというのはありがちで、いけません。これらに追加して何かしら、質問のメールや女性のプロフィールについての感想を一言書くだけでもいいのです。

多少長くても、逆にその方が目立って逆にいいのです。

次に内容です。メールの内容は確かにどうするか迷うでしょう。

初めてのメールでは、挨拶の他にまずは女性のプロフィールのことを書くといいでしょう。

感想でもあと、簡単な質問を入れましょう。最初のメールではあまり長くならないようにします。

長く書くと最初から女性に重く思われたりして、避けられることもあります。初回のメールではあっさりとしましょう。

その次に女性から返事がきたら、あとは、その内容を広げていくだけです。大抵は質問の答えをかいていたり、男性へも逆質問もするはずです。

それを広げていけばいいでしょう。もしも、エッチのことや出会いの上限があれば、そのことに先に触れたメールを書きましょう。

もし、女性からメールの返事がなければ何日間かおいてから、またメールを送るといいでしょう。

メール送信

タイトルもまた挨拶の他に何かしら追加して、多少長いタイトルにして、目立つようにしましょう。

内容は、前にも送ったことを書いてから、今度は自分のことを書いてみましょう。

このときに、自分のアピールやまた出会いのことをさらっと出しましょう。

軽く出会うなら近場がいいですかと、条件に触れるのもいいかもしれません。返事が無かったからといって、すぐに諦めるのはもったいないです。まずはメールをまた送りましょう。

メールの長さやタイミングは大事

メールを送るタイミングですが、もし、女性が昼間働いている場合には、夜に送りましょう。仕事時間帯に送ると、それだけでも嫌がられることもあります。

出会い系サイトからのメールなんてバレたくないからです。また主婦であれば昼間に送るのがいいです。これも家族に怪しまれないためです。メールを送るタイミングだけでも、女性への印象は変わります。

また、メールの長さは、やはり長くなりすぎないようにします。あと、女性からのメールが長いときには長く書くと、女性には安心や喜びを感じさせられます。

メールが長いのに返事が短いとがっかりするものなので、返事の長さは、相手に合わしましょう。

最後に

メールひとつで、女性を喜ばせることもがっかりさせることもあります。

女性を喜ばせる

人気のある女性もセフレにするのもメール次第です。ダメ元で積極的にメールした方が、できることはやっていると気分もすっきりしながら出会い系サイトも利用できるでしょう。

セフレが欲しいなら工夫しながらメールを送り続けましょう。

 - セフレ 作り方