複数人のセフレと付き合うルール

セフレを作る方法・作り方、本当に会える出会い系サイトの紹介、出会った女の子とのエッチな体験談を書いていきます。せふれ募集をしてHなセフレを探してみよう!電子コミック『セフレの品格』が教科書です!

複数人のセフレと付き合うルール

公開日:2015/12/17

複数人のせふれ

セフレは恋人と違って、あくまでお互いの領域を侵さない範囲でならある程度相手に干渉されずに自由に行動することができるという利点をもった関係です。

だから、セフレは一人に絞らなくてはいけないというようなことはありませんし複数人と同時に関係を持っても特に問題がないので本人がその気ならば何人ものセフレと同時に付き合う事も出来るのです。

しかし、同時に複数人のセフレと付き合うにはそれなりにマメでないと中々管理がうまくいかないので、性格的にズボラな人にはお勧めしません。

なぜマメでないと複数人のセフレとは付き合えないのか

それは、スケジュール管理などが必要になるからです。

複数人のセフレと同時に付き合っていると、どの人と遊ぶかという事を決めたりしなければいけないのですが、一人ばかりに偏っているとほかの人と音信不通になったりして自然消滅してしまう場合もありますからね。

どのセフレとも関係をしっかりと継続するつもりなのであれば、平等にとまではいかなくてもある程度の回数は平均してどのセフレとも会っていないといけません。

そうなると、スケジュール管理がとても大事なんですね。

セフレという関係に浮気という概念こそありませんが、ダブルブッキングしてしまった場合は相手がいい気持ちはしないでしょうし、普通に気まずいでしょうからね。

しかも、ダブルブッキングしてしまうという自分の管理の甘さや適当さ加減も露呈してしまいますので、そのセフレとの関係もあまり立ち行かないものになってしまう可能性もあります。

セフレとのスケジュール管理に必要なもの

やはり、システム手帳などがあると便利ですね。

手帳

特に、セフレ用の専用手帳を持っておくとほかの用事と混ざっててつい見落としてしまうというようなことはなくなるかと思います。

それで、セフレと約束をする時はこのシステム手帳を見ながらにすると、ダブルブッキングをしてしまうという可能性はかなり下がると思います。

ただし、セフレとの約束というのはあまりにも先過ぎるとお流れになってしまう事が多いので、スケジュール管理はおよそ1週間単位でするのがベストだと言えるかと思います。

セフレが複数人いる事は暗黙の了解

秘密

もうひとつ、セフレを複数人持つ時に気をつけておかなくてはいけない事が複数人セフレがいるという事を敢えて公言しないことです。

あくまで、セフレと複数人と関係を持っているという事は容認されていること、というよりは暗黙の了解のようなものなのです。

だから、仮にセフレがほかに何人もいてもそれを一々自分から明かしたりしないという事がマナーなんですね。

勿論、セックスをしている時はセフレと一緒に居る時にほかのセフレの話題を出すというのもマナー違反なのでこれも絶対にしないように気をつけましょう。

相手に、複数人セフレが居ても構わないと思う気持ちと、相手に自分が目の前に居るのにほかのセフレの話をされる事で不愉快になるというのはあくまで別物ですからね。

自分だって、相手にとってのセフレの一人だったとしてもほかのセフレの話をされたらあんまりおもしろい気持ちがしないというのは想像に難くはないかと思います。

だから、それに即して考えるのであればセフレと約束を取り付ける時に、相手からの希望日がすでにほかのセフレとの約束が決まっていたとしてもわざわざその日はほかの子と会うからダメだ、なんて事を言ってはいけないという事です。

嘘も方便ではありませんが、そういう時はその日は用事があるからちょっと空けられないというように内容をぼかして別の日を提案するようにしましょう。

こういった、細かな気配りができないと複数人のセフレと上手く付き合っていくことはできないでしょう。

adjst

 - セフレ 考え方