長続きするセフレの特徴とは?

セフレを作る方法・作り方、本当に会える出会い系サイトの紹介、出会った女の子とのエッチな体験談を書いていきます。せふれ募集をしてHなセフレを探してみよう!電子コミック『セフレの品格』が教科書です!

長続きするセフレの特徴とは?

公開日:2016/03/28

長続きしてるセフレ

一人の人と長い間おつきあいをするのは意外と難しいものです。

考えてもみれば、学生時代にはあれほど仲のよかった友達であったとしても卒業した途端に全く会わなくなってしまうというのはよくある話です。

ましてや、男性と女性の関係になれば別れたりくっついたりするのが当たり前。

学生時代の3年間や4年間、6年間を一緒に過ごせないにもかかわらず、見ず知らずの男性や女性と付き合って何年も長く続くというのは驚きです。

果たしてそれほど長く続く人たちにはどのような特徴があるのでしょう。セフレを例にご紹介したいと思います。

こまめに会っている

人付き合いは、人と会うところから始まります。

先ほど学生時代の友人とはぱったり会わなくなってしまうとご紹介しましたが、つまるところ人間関係が長続きしないのは会わなくなってしまうからです。

きっともう一度会えばあのときの友情が再燃することでしょう。

学生時代の友達は何らかの遠隔性があるおかげで会わなくなってしまうものであり、友情が途切れたかのように思えるのです。

セフレだって一回限りでは続きませんから、こまめに会って体を合わせているのです。

そうしなければセフレとの関係だって途切れてしまうでしょう。

お互いのプライバシーには干渉しない

プライバシー

私たちは人には言えない秘密がたくさんあります。そんな秘密に対してわざわざ干渉してくる人は嫌われます。

セフレの場合、恋人でも婚約相手でもありませんからなるべくそうした話を抜きにしておきたいものですね。

長続きしているセフレを見てみますと、案外お互いのことをあまり知らないと言うことも多く「相手のことにわざわざ立ち入る必要性もない」と考えている人も多いのです。

これは普通の人間関係の中でもうまく応用したいテクニックです。

大きな波がない

人間関係を長続きさせるためには「大きな波がない」事も必要です。

波というのはあるときはその人にべったりと甘えて、お互いよい関係であるにもかかわらずあるときからぱったりと話もしなくなるようなことです。

穏やかな波

そんなことを繰り返していると「この人といると疲れるな」と相手から思われるようになります。

感情の起伏が激しい事と同じで、相手からしてみたら一体いつどのような対応を自分はとればよいのかと言うことがわからなくなってしまうのです。

中にはこの大きな波によってセフレ以外の人間関係に置いても損をしている人もいらっしゃいますから注意しましょう。

セックス以外のことでも時として協力し合う

セフレの関係が長く続いていくと、セックス以外のことでも会うことが増えたり多少自分の話をするようになります。

もちろんその中には相手に力になってもらえたらと言う淡い期待が込められていることもあり、ぽろっと漏らすこともあるのです。

そんなときに「協力してあげる」ということも十分ありますね。

長くセフレの関係を続けているとお互いの性格くらいはどのような物かが手に取るようにわかってきますから、結局お互いが助け合うことが出来るくらいの関係にまで成熟しているのです。

いつもの人間関係でも

ここにご紹介したセフレの関係が長続きしている特徴は、セフレ以外の人間関係においても十分応用が可能です。

もしも「一人の人と仲良くしようとすればするほど、深みにはまってしまう」という悩みを抱えてらっしゃる方はぜひ応用して考えてみてください。

また一人でも多くのセフレと長い間楽しい時間を過ごしたいとお考えの方もこうした特徴をわきまえておくことにより、せふれ 関係をより多く結べることが出来るでしょう。

きっとあなたにもよい出会いが巡ってくることでしょうから、一つの縁を大切にしていきましょう。

 - セフレ 考え方